21世紀緑化研究会 - 環境問題と緑化活動に取り組むNPO法人です。
03-6809-1011
contact@21green.jp

21世紀緑化研究会 設立趣意書

本会は、学校緑化などを推進するため、平成14年11月に任意団体として設立されました。


輿水肇


会は、学校緑化などを推進するため、「環境に配慮した芝生造成方法の研究」「安全で管理の手間のかからない芝生の研究」「さまざまな芝生利用方法の研究」「簡単で効率のよい管理手法の研究」などを目的に、平成14年11月に任意団体として設立されました。その間、緑化された学校の技術的諸問題の調査、学校緑化の管理をおこなっているボランティア活動への支援と助言、また文部科学省の後援により都内の教育委員会を対象とした緑化セミナーを開催するなどの活動をおこなってまいりました。

これらの活動をとおして、多くの緑化現場を視察し、同時に関係者と技術情報を交換する中で、校庭緑化に関する知見を蓄積するいっぽう、学校緑化の管理の難しさを痛感しました。 専門集団としての知識や技術の水準は向上したものの、実際の管理運営に携わっている学校関係者や、地域コミュニティに対して、それぞれの個々の状況にもっとも有効かつきめ細かく対応することができなかったからです。

物心にわたる充実した連携がとれなかったともいえます。それは任意団体であるが故の、結集力や経済面での弱さ、社会的な信頼確保への限界などが原因でした。 こうした課題を克服するには、国県や市町村との連携をはかり、教育委員会や関係企業と具体的な協力関係を強化することが重要だと考え、特定非営利活動法人を設立するものです。このことにより、より充実した活動を強固に推進することが可能になり、いままで以上の社会貢献も可能になります。 その結果、現在考えている本研究会の事業計画のなかでも、地域コミュニティの構成員を対象とする短期の無料講習会の実施、講習会修了者へのグリーンマスター(仮称)の資格付与、芝生管理機械の貸与と有資格者によるオペレーションなどを、重点的に実行しようと考えています。こうした活動により、校庭緑化をより確実にまた安心して推進することができ、将来を担う児童生徒の心身の健全な発育に寄与することを期待するものです。

一般的にイメージされている都市というのは「近代的な都市」だと思います。ですから、コンクリートの建物とアスファルトの道路と鉄とガラスで作ったビルが立ち並ぶ姿です。それができたのは今から150年前、日本も近代化してきたのはそのくらいの時期で、江戸の町を今の東京のように近代化していきました。欧米からみると日本はラストランナーのような感じであり、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ウィーン等の都市からいうと東京は、残念ながら世界最低水準と言えそうです。何が基準かというと公園の面積、緑の量、樹木の本数、あらゆる点で遅れています。

遅れる日本の都市緑化

のネットワーク

緑のネットワーク

現在では、公園という囲われた場所だけではなく、オフィス街、道路、住宅街、屋上、高架下、海浜など、さまざまな場所に花や緑が植えられています。これらの緑をつなげて緑のネットワークをつくろうという試みが今進められています。人間にとって気持ちのいい環境にするだけではなく、都市の中でも生きものが暮らせるエコロジカルコリドー(生態的な回廊)をつくろうというものです。
img

21世紀緑化研究会

人が集まると、お互いに刺激しあって良い考えが浮かんだり、新しい知恵が見つかったりします。人は集まりたいのです。集まる場所がほしいのです。その思いが都市をつくってきました。世界の都市の歴史で、産業が著しく発達した時代には、都市環境が悪化しました。不衛生で不健全な環境になりました。しかし、人の知恵がそれらを解決してきました。しかし、20世紀に起こった問題は深刻でした。人口が増加し、人の行動がこれまでになく活発化し、都市のヒートアイランド化、湖沼や河川などの水質の汚濁、廃棄物の増加、NOx(窒素酸化物)による大気汚染などが進みました。改善できないレベルに達しているのです。

人口増加の問題は食糧問題となります。健康を維持するための安全な食べ物が手に入らないのであれば、人を育てることができません。人の数はしだいに減るでしょう。では、人類と都市は滅びてしまうのでしょうか。そして、それは21世紀に起こるのでしょうか。

これまでの1つ1つの技術を束ねて、よい都市環境をつくり、人々の健康な生活を維持できるような総合的な技術へと高めることができれば、そのような心配は不要です。知恵を集結して新しい技術をつくり出しましょう!私たち21世紀緑化研究会は全力で緑化活動に取り組んでまいります。

レバノン杉、日本でいえばヒマラヤスギに大変よく似ている木があります。ヒマラヤスギも江戸時代後期から明治になって入ってきた杉ですが、レバノンスギのほうが粘り気あって船材に適しています。ですから地中海で、古代から中世にかけていろんな国が戦っていましたが、この「レバノン杉」は、船を作る良い材料でした。材の香りがいいと家具にも良い、非常にいい木だったのでどんどん切られ現在は絶滅危惧種になっています。そのレバノン杉はレバノンの国旗にも使用されています。レバノン政府は、「国は、国の旗の目印になってる木がなくなったらダメだ」と考え、絶滅危惧種に指定して今、一所懸命植え、増やしています。素晴らしい取り組みだと思います。

レバノン杉と緑化活動

緑のネットワークをはじめよう!


ご賛同いただける企業様は下記お問い合わせフォームからご連絡下さい。

21世紀緑化研究会 - 環境問題と緑化活動に取り組むNPO法人です。

21世紀緑化研究会では、会員様を募集しております。